BLOG SEO

【最重要】ブログの書き出しで絶対に書くべき6項目【3分で読める】

はてなさん

  • 「ブログの書き出しってなんで大事なの?」
  • 「書き出しってどうやって書くといいの?」

 

こんな悩みを解決できる記事です。

 

今回紹介する「書き出しの方法」を実践すれば、読者のブログ滞在時間を伸ばすことができます。

 

ブログは最初の15秒が大事とも言われており、書き出しで読者の心をつかまないと、あなたの記事は読まれません。

 

本記事の信頼性

ブログ・Twitter(@Giyu_blog)運営開始し、1ヶ月でブログ収益4桁を達成しました!

 

記事前半では、「書き出しが大切な理由」を、記事後半では、「読者をひきつける書き出しの書き方」をわかりやすく紹介していきます。

 

記事を読み終えると、ブログの書き出しの書き方のコツがわかり、読者をひきつける書き出しをスラスラ書けるようになります。

 

1.ブログの書き出しが大切な理由

 

書き出しが大切な理由は、読者に「この記事があなたの悩みを解決しますよ」と伝える部分だからです。

 

「わたしの悩みを解決してくれそうだな」と思ったら、記事を読んでくれます。

 

記事が読まれる=読者の滞在時間の延長

につながるので、SEO対策にもなりますよ。

 

人の第一印象は3年続くと言われますが、ブログも同じです。

書き出しで記事全体の印象が決まります。

 

最初の書き出しで悪い印象を与えると、そのあとの文がどんなに素晴らしい文章でも読む必要はないと感じさせてしまいます。

 

読者に記事を読む価値を書き出しで提供しましょう!

 

2.読者をひきつける書き出しの書き方

読者をひきつける書き出し6項目

①読者の悩みをハッキリ明確にする

②読者の悩みが解決できることを伝える

③記事を読まないことのリスクを伝える

④解決できる根拠を明示

⑤記事の全体像を伝える

⑥読み終えた結果、どうなるかを伝える

やぎー
さっそく、見ていきましょう!

3分で読めますよ!

読者の悩みをハッキリ明確にする

 

ここで大切なのが、読者が「共感」することです。

 

その記事を誰に向けて書いているかを明確にしておく必要があります。

読者の悩んでいることと一致して共感したら読者は読み進めてくれますよ

 

本記事にあてはめると

  • 「ブログの書き出しってなんで大事なの?」
  • 「書き出しってどうやって書くといいの?」

読者の気持ちになって、話口調で書くのがオススメですよ!

 

キーワード選定の時点で、検索意図も考えているはずなので、意図にそって書けばOK

 

検索意図の考え方を詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にどうぞ。

【SEO対策に必須】検索意図の考え方4STEPで徹底解説

続きを見る

 

②読者の悩みが解決できることを伝える

 

悩みを明確にしたら、その悩みが解決できるという結論を伝えましょう。

 

読者に「解決できるんだ」と思わせることが大切です。

 

本記事にあてはめると

こんな悩みを解決できる記事です。

今回紹介する「書き出しの方法」を実践すれば、読者のブログ滞在時間を伸ばすことができます。

最初は「解決できる」と言い切る自信がない人もいるかもしれませんが、読んでほしいなら、言い切ってください。

読者は自信なさそうな文章を読みたいとは思いません。

 

ぶっちゃけ、ウソでもプロのフリして書いてちゃっていいですよ。

 

③記事を読まないことのリスクを伝える

 

読者に「この記事を読まないと、もったいない」と思わせる部分です。

 

本記事にあてはめると

ブログは最初の15秒が大事とも言われており、書き出しで読者の心をつかまないと、あなたの記事は読まれません。

人は「損したくない」という感情がとても強いので、リスクを示すことによって読者を記事にひきつけましょう!

 

④解決できる根拠を明示

 

結論を伝えた後は、その根拠を伝えましょう。

 

あなたの情報の信頼性を示して、記事の説得力を高めるのです。

 

本記事にあてはめると

ブログ・Twitter(@Giyu_blog)運営開始し、1ヶ月でブログ収益4桁を達成しました!

 

実績がある人は実績を伝えるといいですね。

 

読者が読みたくなるように自信を持って伝えてください。

 

⑤記事の全体像を伝える

 

根拠を伝えた後は、記事の全体像を伝えましょう。

 

全体的な流れを先に示すと、読者が記事の内容をイメージでき、理解につながります。

 

ただし、長文にならないように気をつけて下さい。

 

本記事にあてはめると

記事前半では、「書き出しが大切な理由」を、記事後半では、「読者をひきつける書き出しの書き方」をわかりやすく紹介していきます。

1文程度で短くわかりやすく書くのがオススメです。

 

⑥読み終えた結果、どうなるかを伝える

 

その記事を読み終えた読者がどのように変化するのかを伝えましょう。

 

本記事にあてはめると

記事を読み終えると、ブログの書き出しの書き方のコツがわかり、読者をひきつける書き出しをスラスラ書けるようになります。

ここが読者の記事を読む目的と一致するといいですね。

 

ブログの書き出しの書き方まとめ

 

読者をひきつける書き出し6項目

①読者の悩みをハッキリ明確にする

②読者の悩みが解決できることを伝える

③記事を読まないことのリスクを伝える

④解決できる根拠を明示

⑤記事の全体像を伝える

⑥読み終えた結果、どうなるかを伝える

書き出しは離脱率や滞在時間に大きく関わってきます。

 

書き終えたら、読者の立場になって、読みたくなる書き出しになっているかチェックしてください。

 

本文がとてもすばらしい内容であったとしても、書き出しに手を抜いていると読んでくてません。

 

読者をひきつける書き出しを書いていきましょう!

 

ブログの書き方をもっと知りたい方はこちらの記事を参考にどうぞ。

WordPressブログの書き方【12STEPでプロの文章に】

続きを見る

-BLOG, SEO

Copyright © Yagi Blog , All Rights Reserved.