BLOG

WordPressのSSL化のやり方を初心者向けに画像付きで解説【エックスサーバー】

 

はてなさん
  • 「SSL化って何ですか?」
  • 「エックスサーバーでのSSL化のやり方が知りたい!」

といった悩みを解決できる記事になっています。

 

実は、SSL化はSEO対策にもなるので、とても大切な設定なんですよ。

 

この記事では、SSL化の理解と、SSL化する手順をエックスサーバーを例に説明していきます。

 

記事を読みながら進めていただければ、SSL化が終わるので一緒に進めてくださいね。

 

SSL化は5分ぐらいあればできるので、サクッと終わらせちゃいましょ。

 

WordPressでブログをまだ立ち上げられていない方は、下の記事を参考にすれば10分ぐらいで立ち上げられますよ。

【10分で簡単開設】WordPressブログの始め方【小学生でもできる画像付き】

続きを見る

 

1.WordPressのSSL化とは?

 

「SSL化」とはサイトのURLを「http:」→「https:」に変更することです。

 

サイトの安全性を高めるために行います。

インターネット通信のデータを暗号化する作業ですね。

「個人情報の流出」や「データの改ざん」を防ぐことができます。

 

2.SSL化の手順(エックスサーバー)

 

2-1.「http:」→「https:」にする

まずWordPressから設定していきます。

 

 

WordPressの管理画面から「設定」→「一般」をクリックしてください。

 

 

WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)の「http」に「s」を加えて「https」にして「変更を保存」します。

 

いったんログイン画面に戻ります。

 

「ユーザー名」と「パスワード」の2つを入力してログインしてください。

ログインできればWordPressの設定が完了です!

 

2-2.エックスサーバーのSSL化の設定

WordPressの設定を変えたら、今度はそれをエックスサーバーに教えましょう。

 

まずエックスサーバーの「サーバーパネル」にアクセスし、ログインします。

 

>>「サーバーパネル」にアクセス

 

 

ログインしたら、「.htaccess編集」をクリックします。

 

 

次の画面で自分のドメインを選択します。

 

「.htaccess編集画面」の「.htaccess編集」のタブをクリックします。

 

 

出てきた文字列を「すべてコピー」します。

(その人の管理状態によって内容は違います。もともとある文字列は絶対消さないでください)

 

注意ポイント

この文字列は、どこかにコピーして保存しておきましょう。

もし、このあとの設定を間違えると、ブログが開けなくなる可能性があります。

 

コピーを保存したら、次の文字列をコピーしてください。

<IfModule mod_rewrite.c>

RewriteCond %{HTTPS} off

RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]

</IfModule>

 

注意ポイント

すべての文字列がコピーされているかしっかり確認してくださいね。

できていないとブログが開けなくなる可能性があります。

 

先ほど保存した文字列の「一番上にコピペ」してください。

 

 

上の画像のようにできたら、「確認画面に進む」をクリックします。

 

「実行する」をクリックします。

 

これでリダイレクト設定も完了です。

 

注意ポイント

この後、自分のサイトにログインしてみてください。
もし入れない場合は、保存しておいたコピーを用いて手順をやり直してください。

 

やぎー
お疲れ様でした!

 

まとめ:エックスサーバーのSSL化の方法

 

しっかりSSL化して、サイトの安全性を高めておきましょう。

一度やれば終わりなので、早めに終わらせたあなたは正解です。

 

さあ、記事を記事を書こう!

 

他にも最初にやっておくべき、初期設定について下の記事でまとめてるので、参考にしてみてください。

WordPressの初期設定7選【初心者が稼ぐためにすぐやるべきこと】

続きを見る

-BLOG

Copyright © Yagi Blog , All Rights Reserved.